夏のエンタメは花火で決まり

夏のエンターテインメントといえば花火大会です。今年も全国で900もの花火大会が開催されます。昔千葉の市川に住んでいた頃は、毎年河川敷の花火大会を見ていました。徒歩0分で見れましたから。今年はスカイツリーが完成したので、スカイツリーと花火の融合なんていいですね。


打ち上げ数最大の花火大会は2万発の隅田川花火大会だと思っていたら、4万発の諏訪湖花火大会だったのですね。ナイアガラの全長も2knだそうです。ラストのKiss of Fireも見どころだそうです。
最大の4尺玉が見れる花火大会なら、小千谷市の秋季例大祭奉納大煙火です。3尺玉が初めて打ち上げられた大会です。
とっても人気で東日本No.1と言われるのが、長岡大会です。ラストは涙が出るほど感動のフェニックスに、正3尺玉、天地人、そして会場のマナーもいいそうです。行ってみたいですね。


有名な隅田川花火大会は東京スカイツリーとのコラボが楽しめます。花火は第一会場と第二会場の2か所から打ち上げられます。
来場者数トップの花火大会は、天神祭奉納花火で130万人です。
ぎおん柏埼まつり 海の花火大会の目玉は、尺玉100発の一斎打ちです。桑名水郷花火大会の今年の目玉は、2尺玉15発を打ち上げます。花火と音楽のコラボで総合エンターテインメントショーが堪能できる勝毎花火大会です。フィナーレの(錦冠)にしきかむろは感動物です。
蒲郡まつり納涼花火大会は種類の違う3尺玉が三発打ち上げられます。開いたときの直径は650mになります。


熱海会場花火大会の目玉は、元祖空中ナイアガラです。花火の音が反響するサラウンド効果は凄いです。丘陵に仕掛けられた花火が幻想的な、青梅市納涼花火大会です。
花火と数千もの最上川の、灯ろうコラボが幻想的な、大石田まつり最上川花火大会です。
2尺玉10連発が迫力です。世界遺産で打ち上げられる熊野大花火大会です。地上で自爆する鬼が城大仕掛や、水中3尺玉が目玉です。
日本の花火発祥の地と言われる岡崎の観光夏まつり花火大会です。秘伝の金魚花火が見られます。びわ湖花火大会はコンピューター制御されています。立体花火はどこから見てもワイドに見れます。新しい演出が新鮮な、ふるさと花火in長沼です。


隅田川花火大会など都心は帰りの駅が混雑します。前もって切符を買っておきましょう。仮説トイレも込み合います。前もって用を足しておきましょう。他人のマンションの屋上へ上がることは違反行為です。マナーを守って楽しく見ましょう